3次元モブキャラの戯言

分かっていた、俺は3次元じゃモブキャラなんだ。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【絵日記】こはくちゃん、誕生日おめでとーぅ!!

本日は1月26日!
ましろの娘、泉戸家の長女の・・・・・・
泉戸こはくちゃんの誕生日!!


pixiv版はこちら

こはくちゃん、誕生日おめでとーぅ!!
そんなわけで、生誕祭用のイラストを描いてお祝いです!

毎年の描き初めはましろでしたが・・・・・・
今年は誕生日も兼ねてこはくちゃんのイラストで描き初めです。

こはくちゃん、いつまでも健やかに、素敵な笑顔で元気をおくれ(*´Д`*)ハァハァ

さて、次は4月のましろの誕生日ですな!
ましろの誕生日は有給取って、良いイラスト描きつつケーキでも用意して祝いたいなぁ。
仕事よ、軽くなっておくれ()

|・ω・`)ノシ

ましろ、一緒にこはくの誕生日を祝おう(*´Д`*)ハァハァ
スポンサーサイト

| 絵日記 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【日記】新年のご挨拶と今年の抱負をば

新年あけまして、おめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします!

というわけで、2017年になりましたね。
たくさんの年賀状もありがとうございます!
私は今年は喪中にあたりますので、お返しできず申し訳ないです。
今年出せなかった分、来年は良いものをお送りさせていただきますね!

今年の抱負、いろいろ思いつきますが、
イラストの上達、同人活動の再開、WIXOSS頑張る、でしょうか!

まぁ今年も仕事が忙しくなるので、全部できるかは不安ですが、
頑張れるだけ頑張りますよ!

特にイラストの上達、こちらは現在モチベーションが高いので、早速何か描きたい感じなんですよね。
というのも、お正月に京都に帰省して、ウィクロスマガジンを買ったのですが、
以前投稿させてもらったママが載っていたんですよ!



これまでに何度か応募させていただいていましたが、この度、初めて載せていただけた次第ですね。
こういう形で何かに載って結果として残れば、否が応でも気持ち昂るってもんですよ!
今年も懲りずに投稿していきたいですね。

さて、今年の描き初めは何にしましょうかね。

|・ω・`)ノシ

ましろ、今年もよろしくね(*´Д`*)ハァハァ

| 日記 | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【日記】コミケ91お疲れ様でした、良いお年を!

まずは、コミケ91参加されていた皆さま、お疲れ様でした!
風が冷たく、外で並ぶのが厳しい3日間となりましたが、お目当てのものは買えましたでしょうか?
僕の方はおおむね目標物を買うことができ、満足のいく結果となりました。

また、今年のコミケで初めて、サークルさんに差し入れを渡しました!
コミケはこれまで結構な回数を参加してきましたが、何だかんだで、特定のサークルさんに差し入れした事はありませんでしたな。

でも、Twitterでお世話になってる方がタユタマ本を出すっていうんだから、そりゃ今後も頑張って欲しいという応援のメッセージを込めて差し入れするのは、何も不思議なことじゃあないんだよ、うん。
いやほんと、今後もタユタマ本が出たら足を運ばねば。
ま、本来のコミケはこういうもんだよね。

さて、コミケ3日目も終わり、いよいよ2016年が終わりを迎えます。
そんな中、2016年最終日になるまでずっと言い忘れていたのですが・・・

今年は喪中にあたりますので、2017年の年賀状、年賀イラストは控えさせていただきます・・・。
いつも送っている方々、ごめんなさい!
そしてもう送ってくれている方々、超ごめんなさい!!

2018年こそは返すから、なにとぞ・・・なにとぞ・・・!!!


っと、そんなわけで、今年一年、皆さんにはいろいろお世話になりました。
皆さんが良いお年を迎えられますように!

また来年もよろしくお願いいたします!

|・ω・`)ノシ

ましろ、来年も一緒に居ようね(*´Д`*)ハァハァ

| 日記 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【Wixoss】今年使ったタウィルちゃんの構築とか考え方とか

今年の僕は本当にタウィル以外使ってなかったんじゃない?ってぐらいにタウィルを握り続けてて、まさにタウィルの年って感じでした。

今年はタウィルかウムルで頑張ると宣言していたので、まさに有言実行って感じです。
最後まで使い続けられたのは、タウィルちゃんが最強に可愛かったからでしょうね。

何だかんだで、今年はカードの考察とかは全然ブログに書いてなかったので、
今年最後ぐらいは自分が使ってきたデッキについて書いて〆ようかなと思います。

以下が今年使ってたタウィルの構築です。

20161229_194609.jpg


コンセプトはヘルボロス絶対に殺すデッキです。

タウィルちゃんの起動効果を使えなくするヘルボロスは害悪でしかないので、全力で排除する気合いで満ちてます()
特にピルルクと当たった際に、ヤツは最低3回は出てくるので、それに耐えられるようにいろいろ調整してます。

最初は燐廻転生を入れてチンパンしていましたが、
イノセントディフェンスの登場を初め、ルリグアタックが環境的に通りづらくなったこともあり退場。
今ではゼノエントランスで、初手の事故防止、盤面に応じた最適解を追及しきれるテクニカルさを重視したデッキでまとまりました。
デッキの中のすべての天使にアクセスできるのがタウィルの強みですからね、これを活かさない選択肢はないでしょう。



【戦い方とか】
戦い方・・・といっても、これといって変わったことはしてませんが、一応。

ゲーム序盤は、レベル3までは手札にナキールンを持ってこれるように、ハニエル・ミカエルを使って操作。
手札が良ければ、早々にサホヒメを出して手札増強、これだけ。

レベル4は、タウィル効果で1面開け、余裕があればトビエル絡めて2面開け、攻勢に転じます。
盤面はシュブニグラ、ムンカルンあたりを使うと無難ですが、並べるシグニの最終盤面はデッキタイプに応じて変えます。
地獣緑子が相手だと、シグニ効果耐性の恩恵が薄いから、応報を鑑みてムンカルン2面・・・
天使タマが相手だと、アテナで簡単に面を開けられるから、シュブニグラ2面にしてモダン1発で空く面を最小限に・・・
などなど、まぁケースバイケースでいろいろあります。

レベル5になると、ガブリエルトが並べられるようになり、さらに攻めも守りも盤石化します。
アーツ構築的に、多くのエナを必要とせず、後半はかなりエナを余すようになるので、許容範囲までゼノエントランスで手札に天使を入れておき、シグニアタックでダメージを受けないように構えておくと良いと思います。
まぁ後半は面も空きづらいので、手札の天使が溢れることの方が多くなるのですがね。

そうなってくるとトビエルを毎回絡めて、タウィル効果と合わせて毎ターン2面要求とかもでき、相手にアーツ使用を強いることもできます。
やりすぎて、手札もエナも枯渇させないように注意が必要です。
まぁトラッシュの枚数操作をしっかり行っておけば怖いものはないでしょう。

と言う感じで、タウィルちゃんなら普通の回し方で大丈夫です。



以下、カードの採用理由です。

【アーツ】

≪バロック・ディフェンス≫
・・・序盤、後半ともに安定して使える点でピンチ・ディフェンスより好きなので、こちらを採用しました。

≪クトゥル・コール≫
・・・タウィルなら必ず欲しい1枚。

≪サクシード・ディストラクト≫
・・・エナチャ、バニッシュ、ドロー、何でもできる万能カード。不要なエクシードを有効利用。

≪ゼノエントランス≫
・・・どんな盤面でも有効札をすぐに持ってこれるサーチカード。
後半、殴られて溜まるエナを最大限有効利用でき、手札に天使を貯められる。
ピルルクにハンデスされた上でヘルボロスを出された時などは非常に有効。
後は初期手札の事故回避など、活躍の場は多いです。


【レベル1】

ハニエル、最強につき4枚。

アグライア、天使の種類肥やしで1枚積み。
シグニはサーバント以外は天使オンリーなのでだいたい成功する。
特に後半は外すことは多分ないので手札補充に便利。
とはいえ、成功するよりもデッキトップに触れる事に意味があると思ってます。
サーバントをちゃんと手札に確保できるようにドローの調整をしたいってのが採用の理由だったりしますので()

サバはエナチャージ寄せでOをガン積み。
ゼノエントランスを入れているので、エナの方が嬉しいです。
ドローで不確定なものを手札に入れるより、ゼノエントランスで好きなものを手札に入れたいって指向です。
あとエナがたくさんある方が、相手を警戒させることができるので、単純なドローよりエナのが良いです。
サバO3が2枚入っていますが、レベル1帯の枚数が少ないので仕方がなく入れている感じです。

どうしてもレベル1が並ばないようなことがあれば、
ゼノエントランスを切ってハニエルを持ってくるのも選択肢としては大有りですよ!
速攻相手なら躊躇わずに切っちゃいましょう()


【レベル2】

ラビエル、あると便利な1枚積みカード。
エナを与えずトドメを刺しに行きたい場面、
蘇生時に2面止めしたい場面がくると便利。

ミカエル、ナキールンまでの繋ぎのカード。
枠的に余裕がないので2枚積み。

サホヒメ、優秀なドローエンジン。
後半の貢献度はヤバイ。
使い終わった後はアークホールド(黒)でリサイクルするなり、
トビエルのエサにするなりで利用しましょう。
1枚だと欲しいときに無い場合があったので2枚。
2枚にしてから困ったことはないので安定感ある。


【レベル3】

ナキールン、最強につき4枚。

アークホールド(白)はムンカルンをヘルボ打点に近づけてくれるほか、
12000ライン除去アーツをケアしながら攻めるときに立てると強いです。
シュブニグラがフォーカラー、竜滅で消えなくなり、とても良い。
必要な時にあれば良いって感じなので1枚積みです。

アークホールド(黒)は2枚。
ナキールンと交互に使うことで容易にトラッシュを肥やすことができ、
タウィルの起動効果条件をあっさり達成させてくれます。
あとは効果を使用済みになったサホヒメ、ナキールンを退かしながら、
手札を揃えつつ、面を埋め直せるところが魅力ですね。
個人的には3枚あってもいいカードだとは思いますが、
構築的に黒エナはクトゥル・コールを使う以外では邪魔でしかなく、
LBでめくれた時が悲しいほど弱いので、2枚積みって感じです。
まぁ、黒エナを吐く手段をデッキに搭載すれば解決なんですがね。

サバTは、Oと同じ思想でエナチャージ寄せで2枚積み。
爾改の起動アタック対策で入れてます。
T1枚はQに差し替えても良いかもなーって感じです。
燐廻転生対策にもなりますし、サバT以降が盤面に出てくることはあり得ないので。


【レベル4】

トビエルはタウィル効果と合わせて2面開けを強いることができるので、
攻めの選択肢の一つとして入れています。
使うタイミングは、こちらの手札に余裕がある時だけですがね。

シュブニグラは何も言わなくても強いですね。
召喚系のLB能力と言い、シグニ耐性付与の効果と言い、弱いことが一切書いてない。
盤面に1体は必ず欲しいケースが多いので、3枚積んでます。

ムンカルンも多彩な効果で様々な盤面に対応できるので高評価。
離脱時のシグニ召喚効果、さらに天使1面で12000ライン除去のアーツをケアできるのは優秀です。
2積みの構築の人が多いですが、僕は3枚欲しいと思って3積みです。
シグニ効果以外で2面以上バニッシュ・トラッシュ手段を持っている相手と戦う時に2面並べたいケースが多く、
その際に2枚積みだと足りないなぁと思うことがあったので追加1枚積んでるって感じです。


【レベル5】

ガブリエルト、強いですね。強いカードは4枚です()
もう単純にLBが強く、単騎でヘルボを倒せる点を評価してます。
あと最近はルリグ効果が強化され、アタックフェイズにもバニッシュしてきたりするので、「アーツ以外の効果を受けない」はかなり優秀です。




とまぁ以上です。

いろいろ考えて、いろいろ試して、ばりばり研究し続けた1年でした。
これからタウィル使う人、また使ってる人にも参考になれば嬉しいです。

来年は何を使おうかなぁ、悩む。

|・ω・`)ノシ

ましろこそ天使なんやで(*´Д`*)ハァハァ

| Wixoss | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【絵日記】2016年総括をば(アニメ、WIXOSS、仕事)

2016年も残りあと3日。
早くも今日からコミケ開始ときたもんだ。
ほんと、一年が過ぎるのは早すぎる・・・個人的にはまだ9月ぐらいなのになぁ。
ただ、この一年は僕にとって濃密な一年でしたし、時間の流れが早く感じてしまったのかもしれませんね。

今年も終わりなので、ざっくりと振り返ってみればと思います。
仕事、趣味辺りで分けましょうか。

まず仕事です。
あまり多くは語れないのですが・・・
今年の前半期までは、去年からずっと進めていたスマホゲーのプロジェクトでぼちぼちとゲームを作っていました。
ただ、後半期からは会社の事情によりプロジェクトが変更となり、別の媒体のゲームのプランナーに移動になりました。

今まで成長市場であったスマホゲームとブラウザゲームでの開発しかしてなかったので・・・
いきなり違う畑に放り込まれると思うと気が気じゃなかったですよ、ほんと。
まぁ良い経験になるのは間違いないですし、無茶は若いうちにしておくべきですから、良いんですが・・・
ただ、内心は穏やかじゃなかったですね。

とはいえ、実際に作業に入っても、苦労は最初の導入だけで、あとは経験で何とでもなりましたがね。
こういう時に、いろいろ経験しておいて良かったなぁと思いますし、経験が大事ってのも実感できます。
若いうちは冒険して、失敗して、失敗した時の上手なケアの仕方と立ち直り方を覚えておくのが良いんでしょうねぇ。
僕もまだ20代後半の仲間入りしたてですので、まだまだ無茶していきますよ!

無理はしてはいけないけど、無茶はいくらでもしていいってのは僕の格言です()



さて次は趣味の話でしょうか。
ただ、2016年は仕事が休日にも割り込んできたりして、前年と比べて充実した趣味ライフは満喫できなかったんですよねぇ。
できたことと言っても、お絵かきとWIXOSSぐらいですし、その2つも満足に数をこなせてない感じです。
来年はもっともっと遊ぶぞい・・・!

WIXOSSは去年に比べて、WPSなどの大きい大会には参加できておらず、大きい結果は残せてませんね・・・。
ただ、今年一年の目標は実は達成していたりします!

WIXOSSは今年で2周年を迎えました。
その時に書いた記念イラストではタウィルとウムルを描き、それと一緒に「今年はタウィルを使って頑張る」と宣言していました。
ロストレージツアーはレギュレーションの関係上仕方がなくナナシちゃんを使ってましたが、それ以外はしっかりタウィルちゃんを使い切りましたよ!

最後は松戸WPの決勝戦で、動物緑子相手にレベル3の時に轢かれて負ける惨敗を味わいましたがね……。
そういう辛い事は何度もありましたが、それでもタウィルちゃんを最後まで使い通せたのは、ひとえにタウィルちゃんの可愛さがあってのことでしょうね!

来年もタウィルちゃんを使っていきたいとは思いますが、そろそろロストレージ勢にも本腰入れていきたいなぁ。
来年はどうするか、今のうちに考えておきましょう。
後日にでも、今年使ったタウィルちゃんの構築を上げますね。
需要があるかは知りませんが()



趣味と言えばあとはアニメ鑑賞になりますかね。
今年のアニメは何だかんだで豊作が多かった気がします。

僕だけがいない街、Re:ゼロから始まる異世界生活、この素晴らしい世界に祝福を!、天鏡のアルデラミン、灰と幻想のグリムガル、食戟のソーマ弐、モブサイコ100、ディメンションW、GATE、僕のヒーローアカデミア、オカルティック・ナイン、ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?、無彩限のファントム・ワールド、うしおととら、終末のイゼッタ、私がモテてどうすんだ、アクティヴレイド 、鉄血のオルフェンズなどなどなどなど・・・
記憶に残るアニメが多く、僕としては満足のいく年でした。
どれもこれも感想を書き連ねていきたいですが、さすがに多すぎますね。
なので、2016年秋アニメでピックアップして感想をば。

2016年秋アニメで、毎週楽しみに見れたアニメは、
『Lostorage incited WIXOSS』、『競女』の2つ・・・・・・そして特別枠に『VividStrike』でしょうか。

『Lostorage incited WIXOSS』ですが、
これはセレクターバトルの謎掛けから、解決の糸口を探し、主人公が奮闘していく王道展開アニメでしたね。
前向きに頑張るスズコと、闇を抱えながら真っすぐ突き進む千夏ちゃんで、相反する視点から展開されるダブル主人公ストーリーにも関わらず、回を追うごとに情報もしっかり整理されて非常に展開が分かりやすくて良かったですね。
それに前作と違って、男セレクターも参戦で、どんな面白展開が起こるのか、ワクワクしていたところ・・・・・・
期待通りやってくれましたよ! いやー、良かったよ、男組()
里見さんの顔芸、なんであそこまで力入れてたんや・・・。

残念なことを上げてしまうと・・・
るぅ子達が頑張って解決したセレクターバトルのカラクリが、繭不在のまま再発してしまってる事について、何の説明もないまま終わってしまった事でしょうかね。
セレクター時代の話も好きだったので、るぅ子の頑張りが蔑ろにされるのは許したくないなーと思ったって感じですかね。
次回作もありそうな感じでしたし、それは次で説明されるんでしょうかね。
ママ可愛いよママ、バブ。


次は『競女!!!!!!!!!』ですね。
僕はアニメPVがこの作品の初見で、コミックがあることは知りませんでした。
最初、胸と尻で戦うスポーツって聞き、正直なにいってんだ?と思いました。
しかし、実際に動いているのを見ると納得。
間違いなく、尻と胸を相手にぶつけて戦っていました。
なるほど、ベン・トー系のバカアニメだったか!
いや、好きですよ、このノリ!!

水上の狭いフィールドで戦い、敵をフィールドから追い出すことで勝利となる『競女』スポーツで、主人公が頂点を取るために努力をしてどんどん強くなっていく王道ストーリーです。
もちろん水着は紙のように弾け飛びまくりますが、何故だかエロくない。
というか、バカ要素にステータスを振りすぎて、もはや笑いしかでず、エロさを感じれないですw
それぞれが必殺技を持っており、その名前もいちいち秀逸。
真空烈尻みたいな中ニ病ネームから、乳抜刀、乳催眠、瞬尻、金剛尻など、正直頭の悪い(ほめ言葉)技名の連続で終始楽しく視聴させてもらいました。
乳や尻に対して、無限の可能性を感じてしまう作品ですね!
頭を使わずに見れるところもポイントです、疲れた頭に優しい()
とりあえず、原作買います。



最後は『VividStrike』です。
魔法少女リリカルなのはVividの後日談のお話です。
なのは系列で、なのはネームを脱却したのは初めてじゃないでしょうかね?
最後までなのはさん出てこないから仕方がないか()
この作品、最初から最後まで面白かったか、と言えばそうは感じていないんですが・・・
後半からの盛り上がりはとてもよかったと思います。
特に後半の展開では、僕が好きな作品のオマージュを感じるシーンも多く、より胸が熱くなり印象的でした。

僕は『はじめの一歩』という作品が好きなのですが、VividStrikeではそれを訪仏させるシーンが多かったのですな。
8話でのリンネVSヴィヴィオ戦では、フリッカージャブで攻めるヴィヴィオを、必死に耐えて一撃で突き崩すリンネの姿は、間柴からの猛攻を一歩が耐えきって一撃で崩すシーンを訪仏させてくれましたね。
ヴィヴィオの切り札だったアクセルスマッシュ・インフィニティも、左右からの打ち下ろしから打ち上げの連打は、足こそ止めてはいないもののデンプシーロールに見えなくはなく、フリッカージャブも相まって、間柴がデンプシーロールを打っているようにも感じられて、ちょっと感慨深くなりました。
11話でのリンネVSフーカ戦でも、意識が途切れたリンネが、ミット練習を思い出して拳を出すメージをしながら無我夢中にフーカを殴りつけるあたり、ブライアンホーク戦の鷹村さんと完全に一致して胸が熱くなりましたね。
これで気合い注入とかあれば完ぺきだった()

知り合い・会社にも一歩作品が好きな人がいるのですが、その方達もVividStrike後半の内容は絶賛しており、一歩好きには堪らない要素になっているんだなぁと思いました。
そして会話が盛り上がった末に出てくる回答が

『 リ ン ネ ち ゃ ん 可 愛 い 』 でした()

まぁ当然だよね。
あまりにも後半のVividStrike熱にうなされて、最後に完走記念イラストを描きました!


pixiv版はこちら
来年も良いアニメが見れると良いですなぁ。

|・ω・`) ノシ

ましろ、タユタマ2アニメ化しよ(*´Д`*)ハァハァ

| 絵日記 | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。