3次元モブキャラの戯言

分かっていた、俺は3次元じゃモブキャラなんだ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【Wixoss】秋葉原チェルモ公認大会レポ

前々から計画しつつ脳内構築を進めていた『虚無ウリス』。
つい先日の大会の優勝景品やらで、アークオーラ等々のそこそこ高額カードも手に入れる事ができたので、やっと理想に近い構築が完成しました。(本当の理想は最新弾カード突っ込むところまで)

出来上がったのが昨日なので、調整なんて微塵もしてないのですが・・・
どうしても回したかったので、さっそく秋葉原へ行き、調整がてら大会に出てきました。
調整していない? 何を言う、大会は調整するところです()


使用デッキ:グッドスタッフ虚無ウリス

秋葉原チェルモ
1戦目 〇 :不戦勝
2戦目 〇 : 【紅蓮ウリス】
3戦目 〇 : 【紅蓮タマ】
4戦目 × : 【五型緑姫】

結果: 3位

無調整でなかなかの成績。
デッキ構築の段階で、カードプレイングも脳内でのルート化が出来ていたので、負け試合以外はすべて最善のプレイングができていたと思う。
・・・唯一やってしまったプレイングミスは、慢心して日本語読めてなくって、勝ち確定を逃したことです。
まぁこれは後記にしましょう。


【紅蓮ウリス】・・・ジャンケン勝って先行。
序盤は黒シグニとサーバントを並べつつ、相手の事故に便乗し、1面空き続けているところを攻め続ける。
レベル4になると、サクラ(緑)を立てて、堕絡、マズフェイスで相手の盤面を焼きつつエナをがっつりチャージ。
相手が紅蓮ウリスになるころにはライフが1枚になるまで攻める。(この時点で自分8エナ、相手4エナ、)
紅蓮ウリスでライフを回復されつつも、ターンが帰ってきて虚無ウリスにグロウ。

ミリアがすでに4枚見えていたので、ライフバースト止まる事もないのは確定、相手のエナは3枚。手札は2枚。
アーツを使わなければアイドルディフェンスも撃たれることはないので、相手の3面さえ飛ばすことができればノーゲインアークオーラで勝ち確信。
結果、虚無ウリスの色当てに見事勝利し、予定通りノーゲインアークオーラが決まって勝利。


【紅蓮ウリス】・・・ジャンケン負けて後攻。
序盤はミカガミなどのアドを取ってくるカードを率先して叩き、アド差が開かないように注意を払い、かつ相手のグロウエナやアーツエナも想定して動く大変な作業。後攻ツライ。
互いにレベル3のタイミングで、ウリスのパワーダウン効果で空いた面を叩こうとしたところ、モダンバウンダリーを撃たれ攻撃が失敗・・・が、その時点で相手のエナが1枚になったので、とっさに攻撃を中止。
おかげで相手のグロウが1ターン遅れ、先に始動権を獲得に成功した・・・が、こちらもエナと手札が足りてない状態であり、下手に展開しても虚無に乗った時に弱いので、あえて3面開けて攻撃を誘う。
もくろみ通り3枚のライフクロスが削れて残り1枚になる。
序盤のサーチャーからデッキ内容を確認時、、ライフクロスにサーバントが大量に眠っていることも分かっており、計算通りに捲れたライフクロスはほとんどがサーバントで、がっつりエナチャージし、ターンが帰って来て虚無ウリスにグロウ。

相手のライフクロスは5枚。アークゲインは3枚見えており、1枚は不明。
序盤でアークオーラが1枚見えた事から、複数枚のアークオーラも匂って不安要素満載。
アークオーラがライフクロスから捲れれば攻撃は全て止まり、返しでマユに乗られ負けるビジョンが見える。
だが相手のトラッシュとエナを確認すると、相当数のサーバントが見えている状態。
ヴァルキリーで加えたのは全てキジ(緑)でだったので、手札にサーバントがある確率は極めて低いと判断。
攻めるタイミングは今しかないと踏んで虚無ウリスのエクシーズ色当てゲーム、まぁ勝利。
そこから再三再四でエナゾーンのカードを操作。
最悪のケース・・・アークオーラやアークゲインがライフから捲れることも想定して、アヤボン、サクラ、マズフェイスの盤面になるよう調整。ダウンしてもエナが溜まるようにね。加えてノーゲインでアーツを受けないようにしつつファフオーラの構え。
予想通り相手の手札にガードは無く、また幸いにもライフクロスからアークゲイン、アークオーラもめくれなかったので6点ダメージが通って勝利。



【五型緑姫】・・・ジャンケン勝って先行。
序盤、ローザリーなどのアド生成カードを率先して叩き、ビックバンラインを警戒しつつダメージを取る。
マズフェイス効果で盤面開けたりと、ダメージレースでは勝っており非常に有利な試合運び。
虚無ウリスのエクシーズ効果を警戒してか、修復、アイドルディフェンスを率先して使い、ダメージ回復に勤しんでくれたおかげで、相手のエナは3以上増えない状態でビックバンはもはや度外視。
こちらのライフが3点、相手が4点の状態で虚無ウリスに到達。

エナは6枚以上あり、手札にはすでにサーチャーで整えたノーゲインアークオーラセットは健在。
すぐに攻めれる状態だが、相手の修復は2枚しか見えておらず、残り2枚が不明。
相手のアーツもアイドルディフェンス以外見えていない。
ビックバンを打つ素振りが無い事から、そもそもビックバンが入っておらず、防御アーツの可能性も考え、焦らず次のターンに攻めることを決断。
ライフクロスライフで、ライフにノーゲインを仕込み、次の攻撃に備えてライフを2枚ほど削りにかかる。
自分のライフは3点で手札にガードは無いが、エナは5枚、アンサプも健在で生存率は極めて高いと判断し、そのままターンを返す。
そして五緑子に乗られ・・・悲劇が起きる。
五緑子のエナ破壊効果を使われる。別に忘れたわけじゃない、それも計算に入れていた。
だがここで壮大なルールミスに気づく。
緑子のエナ破壊効果をマルチエナ以外を破壊するというイメージが刷り込まれていたせいか、虚無ウリス効果で自分のエナは全てマルチエナだから、効果は受けないみたいな事が頭にあったのです。
なので、エナは5枚、アンサプ打てる、そう思ってターンを返したわけですな。
だが現実のテキストは、色を持つエナは全て破壊と書いてある。
虚無ウリスの効果はマルチエナ状態を付与する効果であり、色が無くなるわけじゃない・・・
結果、、5枚あったエナはサーバントを残して全て破壊。
エナが1枚まで減少し・・・アンサプが撃てなくなる。
そこからセイリュウセイリュウベイアを並べられ、私の3面は合えなく全てバニッシュ。
ランサー効果、ルリグアタックも含めて4点ダメージ。負け。


とまぁこんな感じ。
緑子戦はせっかくアイドルディフェンスも使わせてたのに・・・
ちゃんと効果とルールを理解していれば、サーバント3枚残してターンを返し、アンサプでランサーから守りつつ次につなげることはできた。エナを使ってもダンデリオン2枚握っていたし、次ターンでアークオーラは間違いなく打てた。
正直どう転んでも負けるはずなかったのに、テキストを勘違いしたまま、ただただ慢心し、エナ管理がおろそかになった事が敗因。

久々にヒドイ負け方をしました。さすがに日本語読めてないとか論外でした。
だけどもテキストもルールも今回の件で正しく理解できた、もう次は慢心しません。
次も虚無ウリスで出よう、うん。

|・ω・`)ノシ

ましろ、なぐさめておくれ(*´Д`*)ハァハァ

| Wixoss | 21:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

チェルモでノゲオラで轢かれた紅蓮ウリスは私だと思います
私も虚無ウリスを組んでいましたが、全然勝てなかったです・・・
キルアさんの構築は理に叶った凄いデッキだと思います!
また構築とか教えてください

| みょん | 2015/02/22 10:57 | URL |

Re: タイトルなし

>> みょん さん
お疲れ様です、あの時はありがとうございました!
こちらこそ、またウリスについて勉強させてくださいねw

| kirua@泉戸クルディ | 2015/02/26 00:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kludy.blog28.fc2.com/tb.php/1019-4bcbbf85

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT