今日はシモーネ君に誘われ秋葉原へ。
ここ1週間、仕事で忙しくてまともにカードを触れていませんでしたし、シモーネ君が新しく動画用のデッキを作ったとの事で調整がてら朝早くから秋葉へ行き、ついでに大会に出てきました。


ホビーステーション秋葉原3rd店
参加人数:30人程
使用デッキ:アーム紅蓮タマユ
1戦目 〇 : 【スペルピルルク】
2戦目 〇 : 【晩成2止め花代】
3戦目 〇 : 【アーム紅蓮タマユ】
準決勝 × : 【3止め遊月】

結果:入賞せず (同着4位)

スペルピルルク・・・先攻
序盤のライフバーストによって、フリーズおよびフリーズスルーが捲れたことにより、フリーズでのアサシンを狙うデッキと判断。
序盤はダガなどで盤面を開けて攻撃を行いつつ、来る攻撃は可能な限りガードを行い、相手ライフ3、自分ライフ4点で紅蓮タマにあがる。
この時点でライフバーストにアークオーラ、ニャローブ、アークゲインがあることが分かっている状態だったので、万が一
フリーズスルーを撃たれても死なないと判断してムラクモニャローブギミックで攻撃を行い、相手ライフを1点まで追い詰める。
返しでスペルで3回使用され、AMS、AMS、CLの盤面を揃えられるも、モダンバウンダリーでAMSを1体バウンス。
AMSの攻撃を受けるも、ニャローブが捲れてさらに相手の盤面が空いて攻撃が止まる。
さらに返しでマユへグロウ。
相手のエナにマルチ1あるも、黒のカードがトラッシュに見えなかったため、アンサプよりもグレイブラッシュを警戒し、AMSをそのまま放置してアークゲイン、アークゲイン、アテナの天使盤面を構築してマユのエクシード5効果を使用してアタック。
そのまま攻撃が止まる事は無く勝利。


晩成2止め花代・・・先攻
オープンから花代が見えたのでとりあえず攻撃をせず、コテツコテツライキリの盤面に流星タマの1000上昇でしっかりドロンジョとヒスイをケア。その甲斐あってか盤面が2面以上開くことは無く、空いてもバロックディフェンスで止めるなどダメージを最低限に抑える。
そしてライフ4点(内1枚アークゲイン)を保持して紅蓮タマにグロウ。
天使盤面を作り、アテナバウンスや、紅蓮タマの起動バウンスを駆使して相手のライフをゴリゴリ削ること数ターン。
相手ライフ2まで追い詰めたタイミングで、マユへグロウ。
アテナ、ヴァルキリー、アークゲインの盤面を構築し、アテナとモダンバウンダリー効果で相手の盤面を2面開けて、マユのエクシーズ5を発動。
アンシェントサプライズでいつの間にか落ちていたアステカドロンジョで延命されるも、追加ターンの攻撃は凌ぎきられる事は無く勝利。


アーム紅蓮タマユ・・・後攻
相手の盤面を無理矢理アインダガ、ラビエルで開けてアタックを掛ける。
そのため相手に紅蓮タマに乗られたタイミングで、相手ライフ2、こちらライフ4。
先にムラクモニャローブギミックを使用されるも、モダンバウンダリーでムラクモをバウンス。
そのままルリグアタックを受けるとライフからニャローブが捲れたので相手のニャローブをバウンス。
帰ってきたターンで紅蓮タマにグロウ。
紅蓮タマの起動効果でもう一面バウンスする。
その後、アークゲイン、ヴァルキリー、アテナの盤面を構築してアタック。
相手のアーツにこちらを止めるカードは無く、3面の攻撃が通り勝利。


3止め遊月・・・先攻
速攻を警戒して、盤面をしっかり固め、中央にも常に攻撃力が高いカードを置くなどでダブルクラッシュを必死で警戒するも、レベル3でヴァルキリーで加えるまでサーバントが無かったためルリグアタックにより消耗し、、紅蓮マユに乗ったタイミングで相手のライフ3、自分ライフ3。
アーツによるバニッシュを警戒して天使盤面を構築するも、カクセン、ウルバン、コマリスの盤面を立てられて四面楚歌。
炎固一徹を絡めた、ダブクラヒット後のアップギミックでライフを根こそぎ持って行かれて敗北。


とまぁこんな感じでした。
最終戦はもうちょいガードを引けて守れていたらまだ分からなかったなぁ。
アーツ使わせない四天王の力を感じてきました。

しかし大会でも何人かいたけど、スペルピルルク流行ってんのね。
確かにピルルクに圧倒的に足りなかったバニッシュギミックがAMSやクロスで追加され、
これまでのドロー力とハンデス力に相まって使いやすくなったってことも大きいんでしょうね、うん。

こらそこ、ミルルン使えなんて言わない()

ルリグ愛ゆえに、ですね。僕は応援しますw
ルリグ愛大事ですよね・・・イオナさん強化はよ!!!!
イオナ難民の寒いWIXOSSはまだまだ続きそうですね。

|・ω・`)ノシ

ましろを見てるだけで何時間でも暇なく過ごせるよ(*´Д`*)ハァハァ

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply