本日は立川のファミコンくん2号店まで遠征に行き、WixossPartySpecialに参加してきました。
先週まるまる1週間、Wixossをしておらず、いろいろ不安があったのですが・・・
今回の大会は11月でのウィクロスカップの前に出られる最後の大きい大会。
ここで現在の環境とそのメタを確認したかったというのが今回の遠征の目的だったり。
いやまぁもちろん勝つつもりでもいましたがね!

WixossPartySpecial@ファミコンくん2号店
予選トーナメント
使用デッキ:アーム型紅蓮タマユ
1回戦目 〇 :晩成花代爾改
2回戦目 × :スペルピルルク
3回戦目 〇 :グッドスタッフ紅蓮タマ
4回戦目 〇 :スペルピルルク
5回戦目 〇 :古代兵器イオナマユ
6回戦目 × :スペルピルルク

結果:ベスト8。予選トーナメント通過。


決勝トーナメント
1回戦 × :ミルルン・ヨクト

結果:本戦1回戦落ち@ベスト8



最後の最後で2敗目を刻んでしまい、本戦トーナメントには入れないと思っていましたが・・・
予選で当たったスペルピルルク、グッドスタッフ紅蓮タマの人が勝ち点をすごく刻んでおり、彼らの高いオポ点により決勝トーナメント入りしたわけですな。

しかし、ベスト8は予選1位と対戦が固定されており、かつ相手に先攻がある状態の試合。
それも相手がミルルンであったため、かなり苦しい取り合わせとなり、善戦したが敗北となりました。
なおデッキレシピはツイッターで公開してもらいました!


一言コメントで動画の宣伝をしていましたが・・・
これはベスト4以上のみとの事だったので載せる事が出来ませんでした。無念。
なお、予選後に行われた、使用ルリグのチョコルリグが当たると言う抽選ですが・・・
タマ、あたりました!

KIMG0699.jpg

とはいえ、僕は1弾プロモのダブルピースの新月タマが至高と思っているのですな。
当たったのは嬉しいですけど、使わないんでどっかに売りに行かねば。
本戦では草々に負けてしまいましたが、チョコルリグ当たったので、まぁアドかなって感じです。


さて、以下対戦レポートです。



1回戦目 〇 :晩成花代爾改・・・先攻
コテツ2面で盤面を構築してターンを返すも、相手は赤エナチャージのシグニ出さずの構え。
天啓的な爾改と判断し、コテツ効果でライキリを加え、流星タマ効果でドロンジョ硝煙に備えてガードに回し攻撃せずの構えでターンを返す。
途中、ドロンジョ硝煙などを受けるもモダンバウンダリーで攻撃をケア。
ライフ5点を持って紅蓮タマにグロウ成功。
アークゲイン、アテナ、ヴァルキリーの盤面を構築して晩成に備えつつ、アテナ効果や紅蓮タマの起動効果で相手の盤面を開けて行きアタックを数回しかける。
相手ライフが2点かつ手札が切れたところでマユにグロウ。
アンサプの8000ダウン効果で全面空け、天使盤面のフルアタックが通り勝利。




2回戦目×:スペルピルルク・・・後攻
相手の先攻1ターン目でVACをエナに置いた時点で、スペルピルルク前提でライフ4点以上死守を掲げて動こうとするも、先に4ピルルクに乗られる以上、先攻AMS2面ロックユーから守る事が出来ず、紅蓮タマになるころには手札が枯らされライフが2点の状態。
マユにつなげるため、アークゲイン2面とラビエル盤面を構築。
アンサプのデッキ7枚落としで相手のデッキをリフレッシュさせ、AMSのパンプ要素を消し、AMS2面をバニッシュしてターンを返す。
返しのターンで相手のアンサプのデッキ7枚落とし食らい、こちらもデッキリフレッシュでライフが残り1となる。
その後、レイニーなどのドローソースをぶん回されてハンドを揃えられ、アークゲイン前にAMS、VAC、ラビエル前にAMSを置かれてロックユー、スピサル、ロックユーを撃たれる。
4エナしかなく、レイニーで手札も切らされていたため反攻も出来ず、アークゲイン2面を飛ばされた後はAMS効果でラビエルが焼かれてダメージが入り、ルリグアタックも止められず敗北。



3回戦目〇 :グッドスタッフ紅蓮タマ・・・先攻
相手の後攻1ターン目でハニエル、アグライアの動きより、天使タマと思いきや、捲れたカードはアキナナとコマリス。
即座に天使とアキナナを混ぜてくる構築と判断し、ライフ3点を絶対死守を掲げる。
途中、ドロンジョインデックスで盤面を開けられそうになるも、モダンを駆使してライフを守り、時にダガやラビエルで盤面を開けてアタックを行い、、自分ライフ4点、相手ライフ2点を保持して紅蓮タマにグロウ成功。
モダンで事前に明けた1面をアテナでさらにバウンス。
そこから残ったヴァルキリーの前にムラクモを立て、開いた盤面にニャローブ、カリバーを立ててアンサプの蘇生orダウンをケアした盤面を構築するも、まさかの保湿成分がヴァルキリーに使われ、さらにアンサプでアステカドロンジョが出てくると言うキテレツな動きをされて攻撃が全て封じられる。
ターンを返すと、紅蓮タマに乗られ、さらにアキナナがニャローブの前に置かれる。
そこからコマリス2枚で無理矢理アキナナの打点が18000まで吊り上げられ、横にアークゲイン、ハニエルを置かれてアーツが完封されフルアタックを受けてライフが1点まで押し込められる。
返しのターンでマユに乗り、マユのエクシード1効果でアキナナの効果を無効により破壊して1面開ける。
アークゲイン、アークゲイン、アテナの盤面を構築してダメ押しのアークオーラ発動。
相手の手札も2枚だったのでこれは防げないと思ったところ、相手が投了したことにより勝利。




4回戦目〇:スペルピルルク・・・先攻
相手の後攻1ターン目でVACをエナに置いた時点で、スペルピルルク前提でライフ4点以上死守を掲げて動く。
予定調和でライフ4点を残して紅蓮タマにグロウ成功。
事前にライフバーストで捲れたニャローブにより相手の盤面は1面空いていたので、GRBをダガで破壊して2面開けたところに、アークゲイン、ヴァルキリーを立ててアタックして相手ライフを1まで減らす。
返しのターンでレイニーとクリスタルシール連打で手札を枯らされ、さらにAMS3面立てられ、ロックユーであえなく盤面崩壊し、ライフも1点まで追い詰められる。
返しのターンでアームを2枚引き、、マユに乗らずに紅蓮タマで攻めることに。
紅蓮タマの効果でアークゲインを呼び出し、アークゲイン効果でアテナを呼び出す。
アンサプで互いに7枚落としで相手のトラッシュのドロンジョを戻してアンサプをケアしつつ、リフレッシュダメージを与える。
紅蓮タマの起動効果とモダンバウンダリーで2面開けてアタック。
アンサプで1面埋められるも残り1面は防ぐことが出来ず、そのままアタックが通って勝利。



5回戦目 〇 :古代兵器イオナマユ・・・後攻
相手の大事故のおかげで、相手がレベル3になるまでにライフをがっつり削ることに成功。
紅蓮タマになるころには、相手ライフ2、自分ライフ4点という状況。
紅蓮タマになるとアンサプでデッキ7枚落としで相手のデッキをリフレッシュさせ、相手のアステカ、アラハバキを消してアンサプ1面蘇生にまでケア。さらに相手ライフが1点になる。
紅蓮タマになるまでにライフバーストで捲れたニャローブの効果で空いた1面に、ラビエルでさらに1面空ける。
残り1面になった金字塔の前にムラクモを置き、空いた2面にニャローブ、カリバーを置いてアタック。
アンサプでニャローブ前にドロンジョが出てくるも、ムラクモの2連撃のアタックが入って勝利。




6回戦目×:スペルピルルク・・・後攻
本日3回目。先攻1ターン目でVACをエナに置かれる。ここまでテンプレ()
スペルピルルク前提でライフ4点以上死守を掲げて動こうとするも、先に4ピルルクに乗られる以上、先攻AMS3面ロックユーから守る事が出来ず、紅蓮タマになるころには手札が枯らされライフが2点の状態。
しかも、その間にライフクロスからアークゲインが2枚捲れ、デッキにはアークゲインが無い状態。
仕方がなくアンサプで相手のデッキをリフレッシュさせ、AMSの攻撃力上昇効果剥がした後、ムラクモニャローブ盤面を構築してアタック。AMS2体を削るも、返しのターンでレイニー連打で手札が0枚となり、さらにはAMS2面を形成され、ロックユースピサルロックユーを発動される。
AMS2体の攻撃が通るも、ライフバーストからは何も捲れず、そのままルリグアタックが通って敗北。




本戦トーナメント
1回戦 × :ミルルン・ヨクト・・・後攻
先攻を取られたため、先にレベル4に乗られるも、その間はガードを切り続けたためライフが5残っている状態。
予定調和でぶんぶんレイニーを回され、デッキリフレッシュを挟む。
さらにぶん回されてエナが12エナまで膨らんだところでアタックされる。
しかし相手のデッキが7枚となったところを見逃さず、すかさずアンサプで2度目のリフレッシュをさせ、ライフを削られずにターンを返してもらうことに成功。
しかしレイニー連打で手札に2枚抱えアークゲインが全部死滅したため、仕方がなくアーム盤面を構築してアタックするもドントエスケープで止められる。
返しのターンでぶんぶん回されて再びフルバニッシュを受ける。ここで相手のライフがリフレッシュで0枚となる。
シグニが全面焼かれた後は、Ar2体とNeでアタックを受けそうになるも、モダンバウンダリーで1面バウンスし、ライフが2点となる。
しかし確認したトップがが全てレベル1カードと弱い状態。
とりあえずマユになってアーツを回収するも、モダンで空けた1面にアインダガを置いてアタックするも、しっかりドントムーブで防がれる。
返しのターンで再びフルバニッシュを受けるも相手の盤面が弱かったため、、アンサプでの8000ダウン効果で相手のClを焼き、モダンバウンダリーで1面バウンスをする。そのまま攻撃を受けてライフが0枚になったタイミングで時間切れ。
店員さんの配慮でさらに追加10分をいただきそのまま続行。
ドローでヴァルキリーが引けたので、アンサプのダウン効果に耐えられる盤面を構築してマユのエクシード5効果を使ってアタック。
スピサルでドントエスケープを回収され、そのまま2面が止められる。
さらに追加ターンでムラクモが引けることを祈るも引けず、同じ盤面でアタック。アンサプで2面塞がれ、ルリグアタックも止められてターンを返す。
返しのターン再びフルバニッシュを受け、3面の攻撃を防ぐことが出来ず敗北。



とまぁこんな感じでした。
最後のミルルン戦においては、ドンエスドンムスピサルを吐かせていたので、最後にムラクモが引ければ勝ててましたが・・・まだまだ必然力が足りませんね。

今日はスペルピルルクが非常に多かったように感じます。
AMS盤面は異常に凶悪でしたね。
タマに関してはアークゲインがいるからまだマシですが、他のデッキはかなり厳しいんじゃないでしょうか。
とはいえ、AMSを3面並べられると、タマですらアークゲイン2面立てても1点ダメージは免れないってだけで強力ですね。
シグニ効果耐性が無ければ、ライフが3点を切ったらもうキル確定圏内ってのは凶悪以外に何と例えればいいのやら。

今日対戦し、かつ決勝トーナメントで入賞したグッドスタッフ紅蓮タマにも入っていた保湿成分は、ピルルクやミルルンを見ると非常に賢い解なように思えますね。
今日一日で当たったデッキを見ると、今の環境はアームよりも天使軸のタマの方がフィットしてるような気がしますが・・・これだとウトゥルスが取れなくなるのは手痛いですよねえ。
結局何を見るのか、って感じになるしょうか。
とはいえ、ミルルンピルルクが環境上位に来るであろうことは間違いないので、環境見据えるならやはり天使軸って気がします。


今日一日でいろいろ勉強させてもらったし、メタについても学習でき、目的を大いに達成できて満足でした。
おまけにチョコタマも付いてきたしね!

しばらくはまた環境にフィットするデッキ作りに専念していきたいと思います。
・・・保湿成分1枚ももってないんだよなぁ()

|・ω・`)ノシ

ましろ、今回のプロモパックたくさんほしい(*´Д`*)ハァハァ
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply