3次元モブキャラの戯言

分かっていた、俺は3次元じゃモブキャラなんだ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【Wixoss】花鳥風月遊月

チェインドセレクター(10弾)が発売され、多くのルリグが強化されました。
というよりも汎用カードが増えた事で、どのルリグにおいてもスペックの底上げがされた、と言うべきでしょうか。
その中でも注目していたのは『竜滅連鎖』。

『相手のエナを4枚にする』、『12000以下のシグニをバニッシュ』、『自分のライフを1枚回復』
このいずれか2つまで使えるってのはさすがに強さを感じざるを得ません。
まぁ代わりにそこそこのエナを要求されるのですが、それを払ってもあまりあるスペックだと思います。

そんなカードが使いたくて、爾改以外の赤デッキを組もうと思いました。
幸いにも10弾や最新プロモにて、3止め花代、轟砲ウルバン登場など、、赤デッキが大幅に強化されましたからね。

しかしいざ組もうとしたところ、、対戦動画でお馴染みのシモーネ君とカザネル君が既に3止め花代を組んでおりまして・・・。
他人とデッキがかぶるのを嫌がる僕の性質上、3止めは諦め・・・代わりに遊月を組むことに。
遊月の中でも3止めが流行っておりますが、兼ねてより使ってみたいと思った花鳥風月をあえて使う事に。
そして組んだデッキで、さっそくWPS、WPなど3大会にでてきました。

イエサブ秋葉原 WPS
1回戦:サバファフオーラタマ×
2回戦:紅蓮ウリス○
3回戦:サバファフオーラタマ×
4回戦:タウィル=フィーラ○

チェルモ秋葉原 WP
1回戦:紅蓮ウリス○
2回戦:エルドラスーパー○
決勝戦:サバファフオーラタマ×

マックスゲーム大井町 WP
1回戦:紅蓮ウリス○
2回戦:ミュウ=イマゴ○
決勝戦:アン・フィフス×

【サバファフオーラタマ】など、ライフバーストに防御系の物がないことから、【超速攻】に対する弱点こそあるものの、それ以外のデッキであればほぼ取る事が出来ると思っています。

ムシュフシュ、ウルバン、ウルバンの盤面であれば、壁が居ても4点ダメージ、壁無しで最高6点ダメージまでシグニだけで伸ばすことができるので、相手ライフ3が点以下になれば負ける事はないでしょう。
花鳥風月で無条件にライフ1面飛ばす力がありますから、相手ライフ4点でも殺せますね。
しかも四面楚歌でエナを焼くことができるので、アーツの影響を受けずに安定してダメージを通せます。
盤面に尽きましても、全部赤ってことで、オーバーサルベージを絡めれば簡単に盤面を作れちゃいます。

この盤面を揃える想定での勝利条件は、『相手ライフ4点以下、相手2エナ以上、自分4エナ以上』ですかね。
もう簡単ですねw

とはいえ、それでもキツいデッキはありますがね・・・。
ミルルン、アン、タマ、このあたりは型を選ばずにキツイです。

ミルルンに関してはエナを吹き飛ばし切れず、ゲームエンドまで持って行けない可能性がありますね。
平気で10エナまで延ばされますから、四面楚歌で7エナ飛ばしてもアーツが使える余力を平気で生み出してきます。

アンは言わずもがな、コンテンポラのシグニ効果耐性は強烈ですね。
生命線であるムシュフシュのアタック時バニッシュが効きません。
旋嵐の双撃でアサシンを付ければいいのですが、アイドルディフェンスが素で入っているので、アーツと併用して使っていけないのは苦しいところです。
スペルを使うとなると、四面楚歌で相手アーツを封じてキル・・・という事ができません。
だがアーツが封じる事が出来なければ、暴風警報によるアタック無効が飛んでくるので、ダメージを通すことができない。
早々に暴風警報かアイドルディフェンスを吐かせる試合運びが重要になってきます。
長引けば打点でコンテンポラに押し切られてしまい、たちまちこちらが手札不足になりますので、時間もかけられないですし、いろいろ考える事が必要な相手です。

タマもアークゲインのシグニ効果耐性は強烈ですね。
あとはモダンバウンダリーなどの2エナ帯で撃てる除去アーツでしょうか。
ウルバンギミックでライフを削る戦い方をするので、ダブルクラッシュ持ちが除去されればたちまち攻撃力の低下するのは痛いところで、序盤にダメージを通すことがままならない可能性があります。
またアークオーラ、アークゲインなど優秀なLBが多く、これらで攻撃が止まってしまうので、エナを全て消し飛ばしても勝ちに繋がらないケースが多々あります。
タマとやる際は、ロングショットよりもライフを2点ぐらいまで削ってキルするぐらいの気概じゃないと厳しいですね。
これもいろいろ考える事が必要な相手です。


あとはまぁキツイってわけじゃないですが・・・
10弾環境からウリスデッキにペナルティチャンスが素で入るってところも注意が必要ですかね。
エニグマオーラでライフを回復しつつ能動的に盤面を全て開けることができ、ペナルティチャンスでのダウン効果が簡単に使えちゃいますからね。
おかげで全面開けの隙をついてカクセンウルバン盤面を作ったとしても、カクセンをダウンさせられたりでダメージを伸ばすことが出来ず、花鳥風月に乗ってからもキルラインに持って行くまでにすごく時間がかかる事がありました。
結局はアタック時バニッシュを持つムシュフシュが仕事をして勝つことが出来ましたがね・・・ただやりにくい事この上ないのは確かですので注意はいるでしょうね。


あ、10弾で強化されたサーバントギミックを利用した【サバファフオーラタマ】。
これに関しては、もう何をしても勝つことはできませんね。
そもそも遊月のカードのライフバーストでは相手を除去するものが無いですからね。
まぁオロチがありますが・・・あいにくムシュフシュのスペックに勝つことはできずデッキには入ってません。
当たったら運が悪かったと思うしかないでしょうね。
相手がアークオーラも集結が引けない事をお祈りするぐらいですw
勝ちたければアイドルディフェンスを入れるしかない気がしますが・・・
他のデッキに対して果たして有効かというと、エナを貯める力が花鳥風月だけしかないので、そこまで有効じゃないですね。
ファフオーラ取るために入れる、それぐらいの意識じゃないとね。


とまぁ以上、花鳥風月を使った感想です。
捲火重来を使って防御アーツを殺しながら、しっかりダメージを取り、一定ダメージまで来たらムシュフシュ四面楚歌でキルする。
言えば簡単ですが、、エナ管理やプレイングの研鑽が必要なテクニカルデッキです。ほんと、意外でした()
だがそれが自分にフィットしている感じがして思いの他ハマったかもしれませんw
ゴリラしたい人はファフオーラ握ればいいんじゃないかな、うん。

|・ω・`) ノシ

ましろの尻尾に巻かれて寝たい(*´Д`*)ハァハァ

| Wixoss | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kludy.blog28.fc2.com/tb.php/1091-40d35864

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT