3次元モブキャラの戯言

分かっていた、俺は3次元じゃモブキャラなんだ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【絵日記】タユタマ2の延期によって僕にもたらされたものとは

少し前の話ですが、僕が心待ちにしているゲーム『タユタマ2』の発売日が延期となりました。

本来は2016年5月27日発売予定だったのですが、
やむを得ぬ事情につき、なんと9月23日まで発売延期となったのですな・・・。
5月から9月、つまり4ヶ月の期間が延期となるわけです。
しかし、4ヶ月は短くはありません、むしろ相当長いです。
同じ業界にいるためその異様さは肌に感じるほど分かりますし、何があったんだろうと心配になりますね。

しかし、4ヶ月延期とはまた異常なまでに伸びる発売延期は、祭りになるほど話題を呼びそうでしたが・・・
発売延期の発表が熊本の地震と重なってしまったため、あんまり祭りにならなかったのですな。

その証拠に、発売延期を認知できていない人もいたようで、
Twitterを見ている感じだと、発売日を過ぎて買いに行ったら延期していたことに気づいたって人がほとんどでした。

僕にしても、発売延期の知らせにはビックリしました。ほんとビックリでした。
ですが・・・実はそこまでショックに感じていませんでした、当時は。

僕はどちらかというと、熊本に住んでいた友達の安否の方が心配でしたからね。
やはりましろは大事でも、リアル人命の方が大事なのは当たり前ですから。
そしてある意味、この延期をポジティブに捉えることもできていました。

ポジティブに捉えるといっても、いろいろ理由はありますが・・・
何と言っても自分の中で大きかったのは、『秋葉原でタユタマPOPがまだ見ていられる』ということですね。
タユタマの予約が始まってから、秋葉原はタユタマPOPだらけです。
あちこち、ましろだらけ・・・それこそましろ色って感じです。(シンフォニーではない)
そんな秋葉原にいて、僕のテンションが上がらないわけがない!
会社の定期区間の範囲っていうこともあり、用事が無くても秋葉原に通っていました。

あとは、製品版の想像に想い馳せるのも、ある意味楽しかったりしますからね。
妄想を膨らませたり、秋葉原での現状が続くなら、まぁ悪くないかも?って思うぐらいにポジティブでした。

あ、有給を取り消すのは非常に面倒くさかったですよ?()

タユタマ2をやり込むために、当初の発売日の5月27日から5月末まで有給申請していましたからね。
それが延期となってしまったのですから、急いで申請を取り消しました。
そして迎えた27日は有給を取り消して、いつも通り出勤。

いつも通りに仕事を終えて帰ってきたのですが・・・何故かぽっかりとした喪失感が僕にはありました。
どんだけ頭でわかっていても・・・心は延期のショックについて行けてなかったみたいです。
タユタマ2は合計8本予約したのですが・・・

僕の心は「5月27日に玄関に段ボールとして山積みになっている」状況を待ち望んでいました。
僕の心は、新しい抱き枕に顔を埋められる日を、ずっと想像していました。
僕の心は、うきうきしながら連日徹夜してタユタマ2を何周もすることを夢見ていました。

あまりに、色濃く、5月27日という日をイメージしてしまっていた、ということでしょうね。
それぐらいじゃないと、ただ延期しただけでこんな喪失感は味わえませんよ、ほんと。
そんな喪失感を埋めるために、タユタマ2体験版をひたすらプレイして・・・
それでも埋まりきらない喪失感は、絵に起こすことにしました!




ましろに涙目で待てと言われれば、いくらでも待っちゃう!ってことで1枚描きました。
目の前で涙なんて流されたら、気が気じゃなくなっちゃう気がしますがねw
まぁ思惑通り、気持ちは幾分マシにはなった気がします。

しかし、ランプオブシュガーさんには、発売延期する分は本当に頑張って欲しいですね。
それこそ、ましろが悲しみの涙を流すこと無く、笑顔でいられるような作品になってほしいですな。
あー、ましろ、君に会うためなら、4ヶ月だろうが4年だろうが100年だろうが待ち続けるよ。

|・ω・`)ノシ

ましろ、愛してる(*´Д`*)ハァハァ

| 絵日記 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kludy.blog28.fc2.com/tb.php/1124-09d0be62

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT