1つだけ最初に言うと、遊戯王楽しいですww
プレイに関しては、シンクロでムチャクチャしていた時代と同じぐらいに今が面白いです。
では、減ってしまった「遊戯王の楽しみ」とは何か。

それは買う事に楽しみが減ったことです。

欲しいカード全部手に入れたってことなんじゃね?ってことじゃないですよ。
欲しいカードはくそほどあります。大嵐ウルとか。ライコウスーとか。サイクスーとか。
買う事の楽しみとは、シングルではなく、パックを買うことにです。

最近のパックに入ってるカードが弱いから楽しくないってわけじゃないです。
パックを剥くのは大好きですからね。

僕の言いたい事というのが、パックの中の情報が発売前に出過ぎてるってことです。
昔はインターネットとか発達しておらず、パックの中身の情報など、ジャンプでちょろっと載ってるもの、そしてテレビCM、アニメなどのメディアでしか分からない物でした。
しかし、その情報で得られるものと言えば大抵10枚程度。ほか50枚以上のカードが分からない状態でした。
パックを剥いたら、何が当たるか分からない、どんなカードが入ってるかも分からない。
中身が分からない状態ででてきたカードは可能性に満ちているわけで。
その1枚1枚の使い道を考えるのが本当に楽しかったんですよ。
光ってなくても、このコンボを使えば強いんじゃない?って思えたときは自分だけのコンボな気がしてテンションが上がったのも覚えています。
アメーバと死のマジックボックスとかね!w

それが今では、発売1か月前からちょろちょろカードの情報が出始めて。
発売1週間前にはもうほとんどの情報がでています。
そんな前から情報がでたら、パックを買う前にカード1枚1枚の考察なんてとうに終わっていて、いざパックを剥いても、「あーこのカードかー」ってなって、気分が上がらないというわけです。

そんな状態だと、とても1人ではパックを剥く気にはなれず、今ではもう友達と一緒にノリで剥く以外に全然剥かなくなってますね。
レアなんてどうでもいい。パックで出たものを1日中眺めてニヤニヤしていた時代が今では懐かしいです。
あの純粋さが欲しいです。

情報が早く出過ぎて、パックを剥く楽しみが減った、つまりはそういうことです。

でも何度も言っておきますが、パックを剥くのは大好きですよw
パックの中から何が出てくるか分からないじゃないですかw
キラだったら嬉しいですし、売れるものならもっと嬉しいですw

究極の答えとしては、中身なんて考えずとりあえずパックを剥いてみる。これが一番いいのかもしれませんね。
あー、なんかパック剥きたくなってきたなw


そうそう、パックで思い出した。
ホビステ京都店、明日から2周年祭開催です!
遊戯王のパックやその他、いろいろ安くなって販売するみたいですよ!
この機会にいろんなお客さんと仲良くなって、ノリ買いでパック勝負とかしたいですねww

|・ω・`)ノシ

ましろとの楽しみは不滅(*´Д`*)ハァハァ
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply