やっと帰宅できた・・・、長かった、いやほんと長かった。
まさか昨日帰れなくなるとは夢にも思わなかったんだよね。
ほんと大冒険だった。

時はさかのぼり昨日の朝。
一昨日は休みだったのですが・・・
日記にも書きました通り、徹夜カラオケガンダムという連荘で疲れが抜けないまま眠りにつきまして。
寝たのがほんと夜8時ぐらいなのですが、起きたら昨日の朝9時という爆睡っぷり。
朝の出勤時間の都合上、僕は9時24分発の京都行の電車に乗らねば間に合わないと言うのに、起きたのが9時。
もうそら急いで準備して飛び出しましたよ!
ばっちり電車には間に合いました!

そこからは音楽を聴きながらのんびり電車に揺られて仮眠。
京都駅についてバイト先へ急いで移動。
なんとついたのが出勤時間の20秒前という凄まじい時間でした。
自転車の鍵やiPodが入った上着をバックヤードのハンガーにかけ、エプロンを装着し、仕事開始。

仕事がつつがなく進む。
あっという間に仕事が終わり、退勤時間の7時になったのでら王さんと遊戯王。
そこから閉店まで2時間ほど遊び、ら王さんたちを見送った後は、少しやり残した仕事を片付けて、遅番の方たちと一緒に帰りました。

その時バイト先のショッピングモールを出た時に気づいたんですよ。
上着のポケットに自転車の鍵がない事を。
僕の自転車の鍵には、家の鍵も付いており、無くさないように鈴もついていたのですよ。
だから僕が肌身離さず持っていたのなら鈴の音がするはずなのにしない。
鞄のなかを漁っても出てこない。

お店で上着をハンガーにかけた時に、ポケットから落ちたかな?とも考えました。
しかし今日はいつもより焦ってぎりぎりの時間に出勤するという愚行を犯してしまったので、もしかしたら自転車に鍵がつけっぱなしじゃないかと思ったんですよ。

そう思った僕はさっそくバイト先の同僚と一緒に京都駅へ。
同僚の方といろいろ立ち話。
その日は特に風が冷たくなく、話が盛り上がったのもあって、長い事立ち話をしてしまいました・・・。
話が終わったのが11時半前。

そこから地元の駅へ向かう電車へ乗る。
地元の駅に着いたのが12時前。
下りてすぐさま駅直通の自転車置き場へ行きました。

・・・自分の自転車には鍵が刺さっていませんでした・・・・・・orz

もうこれは確実にどこかで落としたのだろう。
いやでもしかし、朝バイト先に到着して、iPodを上着のポケットにしまった時に、確かに鍵の感触はあった・・・と思うし、多分お店に落としたのだろうと考えに至り、徒歩でとりあえず家に帰ることにしました。
翌日も朝から仕事だし、ぱぱっと探せばいいだけですしね。

家に着いたのが12時過ぎ。
さすがに玄関には鍵が締まっており、はいれない。
インターホンを押す。
・・・出ない。

何度かインターホンを押すけども出る気配がない。
家族に電話をかける。
誰も・・・でない。
家の周りをぐるっと回ったけども、電気が付いている部屋などなく、完全に締め出されている状態だった。

10分ほど粘りましたが、さすがに寒さに耐えきれずさすがに断念。
次の日・・・まぁ日付は変わってしまってますが、今日も朝から出勤の予定だったので、さすがに寝ないのはまずいと思い、お店まで鍵を取りに行こうと思い、駅まで移動。

改札口を通るとちょうど京都行きの電車が!
早速乗車し、読みかけのラノベを開いて電車に揺られる。
そこに流れる電車のアナウンス。

「この電車は、京都行き終電(ry」

・・・終電・・・だと・・・?
そう僕は終電に乗ってしまっていたのだ。
時間の概念ほとんどすっ飛んでたぜ☆テヘペロ


そのままあらがう事も出来ずに京都駅へ凱旋()
バイト先のショッピングモールに行こうと思ったけども、どちらにせよ地元の駅への電車はもうないので諦めて時間をつぶすことに。
そのまま忘年会の時に行ったカラオケへ。
とりあえず3時間ほど歌うことに。
この時、3時間と選択した僕の頭はきっと湧いていたのだろうと思う。

受付を済ませ、指定された部屋へ移動。
部屋に入って気付く。

あれ、これ京都在住の知り合いに電話して泊めてもらった方がよくなかった?(゚Д゚)

時間は1時前、多少迷惑だと思うが、電話して出ない事は・・・多分ないだろう。
うん、多分。
だがしかし、部屋に入ってしまった以上仕方がない。
とりあえず歌って3時間潰そう。

3時間を1人で歌うという事で、いつも歌う喉に優しくない歌は避け、普段歌わないバラードなどで攻めたり、休憩時間にスマホから前日の分のブログ更新したりと、あっという間に3時間経過し、カラオケを出る。

時間は午前4時過ぎ。
さすがにこの時間は誰に電話をかけても迷惑。
ショッピングモールに入れる時間も覚えてないので、とりあえずは人が普通に起き出す時間・・・7時と考えて3時間ほど時間をつぶす必要があったし、尚且つ眠かったので仮眠もしたかった。
人の家に泊まることはできないのでネカフェへ移動。
イスを倒して寝ればいい。そう思っていた。

だがしかしそんな希望は甘かった。
いざネカフェへ着いて部屋へ通してもらうと、その部屋にある椅子、全然後ろへ倒れないという(゚Д゚)
ネカフェへ行った回数としてはもう片手で数えるぐらいだが(おもに高校時代にコミケで東京に行った時など)、どのネカフェにもそこそこ後ろへ倒れる椅子はあった。
その経験則があだとなってこんな予想外の状態に陥ってしまった・・・。

机に突っ伏して寝ることも考えたが僕はそれでは寝れない系男子なので。
仕方がないので、無理矢理目を瞑って寝ようとした。
・・・だが眠れない。
頑張って寝ようとしたが眠れない。
突っ伏しているとさすがに途中で腰が痛くなってきて立ち上がって時計を見ると、朝7時半。
さすがにもうバイト先の建物は開いていると考えて移動。
ほんとネカフェで何もせずに入ったのは初めてだよ。

バイト先の建物行く途中でふと気づく。
あれ、今日日曜日?土曜日?どっち?
スマホで日付を確かめると、なんと日曜日って書いてある。

SAO最終回見忘れたああああああああああああ(゚Д゚)

一番気になるところで終ってて、早く見たいと1週間楽しみにしていたのに・・・
精神的疲労がどっと来て、尚且つ体力も疲弊し回復せぬままバイト先へ。
警備員に挨拶をして建物内へ入り、バイト先の区画へ。

バックヤードに自分の上着をかけたであろう場所を重点的に鍵のありかを探す。
しかし見つからない。
最悪の想定、前日のバイトの時にどっかで落とした?
朝あった感触は? 気のせい? そういえばそんな気がしてきt(ry
さすがにうなだれた。

それからバイトが始まり、結局鍵は見つからぬまま、救いのない1日は終わりを迎えた。
あーもう散々だぜ!!
ガンダムしたい。

そんな状態で明日は、知り合いの家で徹夜スマブラ大会という名のクリパ。
その次の日はネトゲのプチオフ会でクリパ。
ほんと大丈夫かな俺ww
落ちも何もないけど、オワリ。

|・ω・`)ノシ

ましろ、僕を抱きしめておくれ(*´Д`*)ハァハァ

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply