今度発売の新カードゲーム【アンリミテッドバーサス】の閃乱カグラのハーフデッキが、ケロケロエースについてきたのでちょっと遊んでみました。

閃乱カグラの作品自体は好きなので興味があったのでw
ってことで、ちょっとやってみることになったのですなー。

まずはカードイラスト。
いろいろな絵師さんが描いてて見ごたえがあります。
昔のヴァイスもこんな感じで見てて楽しかったのになぁ・・・。
しかし、さすがカグラってだけあって、もう凄いw
何が凄いか。
とりあえず、カードの8割はパンツがモロに見えているというねw
普通にカードショップで遊ぶのに、大丈夫なのかちょっと心配になるほど。
まぁ、僕は全然大丈夫だけどね!()

次にゲーム性。
デッキ置場
コスト置き場
サポートカード置き場
キャラクターデッキ置き場
技カード置き場
ダメージ置場
捨て山置き場

っと、かなりカードを配置する場所が多かったりします。
ヴァイスばりの多さ、どんなルールの広く複雑なゲームになるのか心が躍りますな。
そのあたりを控えていざプレイ。
そして物の数分後

何これ、ど、どういうゲームなんだ?(゚Д゚)

と、戸惑う自分。
そう、ゲームは凄い斬新なんですよ、今までない感じです。
しかしその斬新さにも戸惑いましたが、それより驚いたのがそのゲームの進行方法。


自分
「戦闘するので技カードをセットします!」

相手
「戦闘を受けます。なので技カードセットします。」

互いに1枚ずつカードをセット。
出そろったところで、互いの技カードを表にする。

そこで攻撃力が高い方、もしくは守備力が高い方が勝利。
(3回勝ったらゲーム勝利)
そしてエンドフェイズへ。

・・・え?

このゲーム、戦闘が1度しかないのですよ。
しかも戦闘方法が互いにカードを表にして打点計算するだけという。
んで、高い低いで、ダメージが発生、それでターン終了・・・。
攻めるプレイヤーは手札の中で、コストに見合った最強の打点を誇るカードを、受ける側は最強の守備力を誇るカードを出すだけでなんですよ。

何これ、ただのジャンケンと同じじゃん。

やることは互いにカードをセット、表向けて勝った負けたをするゲーム。
極論、数字があるジャンケンでしかない。
読みあいもクソもあったもんじゃない。
格ゲー意識で重撃とかアイコン要素での連続攻撃とかあったけど・・・
やることは結局同じくカードを互いにセットするだけだし。
せめて、格げー意識なら、カット要素入れるとか、上段・下段で戦闘ができるとかいろいろやることはできただろう。

シンプルすぎて味気ない、これにつきました。
っとまぁ、ケロケロエースについてきたハーフデッキルールで遊んだ感想でした。

ハーフデッキなのでやることも限られていますので、ブースターやスターターで面白味があるカードがたくさんでて、ゲームを盛り上げてくれるのかもしれませんが、おおもとのルールをどうにかしないと限界が見えてるカードゲームと思うというのが率直な感想です。
AKBのカードゲームは結構面白かったんだけどなぁ・・・うむぅ。

|・ω・`)ノシ

ましろ、物づくり難しいね(*´Д`*)ハァハァ
Posted by

Comments 1

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/02/14 (Thu) 18:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply