3次元モブキャラの戯言

分かっていた、俺は3次元じゃモブキャラなんだ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【アニメ】映画 『言の葉の庭』 を見てきました。

今日はお仕事バイト、両方お休み。
なので、就職活動をしに大阪へ行ってきました。
説明会だけでまぁ気楽に行き、終わって時間を余していたところ、友人と合流。
同じサークルで3Dデザイナー担当している電影君と二人で大阪をぶらぶら。

まぁ以前、電影君と作画がものすごいという事で絶賛有名だった『言の葉の庭』という映画をいつか見に行こうって話をしていたのですよ。
ただまぁ6月は僕があまりにも忙しく、予定が合わなかったため7月の後半にしようかなーって話をしようとしていたところ・・・
なんと関西圏で上映が明日までという話で急遽見に行くことにになりました。

もうさっそく感想を言わせてもらいます。

これはヤバイ、鳥肌立った。

絵が綺麗すぎてもう涙が出そうになった。
もちろんストーリーも良かったですよ!
内容は50分ほどあったみたいですが、見てて10分ぐらいで終ったと感じるぐらいに引き込まれてしまっていました・・・。
もう作画が凄い。

雨のシーンが多めなのですが、もう圧巻でしたね。
雨が降って地面で雨粒が跳ねる描写が1つ1つ綺麗で、またタイルに当たって跳ねるところとかも細かく作り分けられていたり、つやのある靴や家のフローリングにその雨が映り込んだりと、リアルすぎて鳥肌が立ちました。
ほかにも、タオルの細かぁぁぁぁぁぁぁい質感から、キュウリを始め野菜のみずみずしさ、ガラスを通して壁に映る雨水の波紋など圧巻すべきところはたくさんありました・・・。
何が凄いかというとこのアニメーションはAfterEffectsで作られているという事。
AfterEffectsなんて僕とか一般人でも扱えたり(プロ志向だけど)所持していたりするソフトです。
それでここまでのクオリティに仕上げるなんて考えられませんね。
上の上を見た気分になりました。いやもう感動です。

ストーリーに関しては、純愛ラブストーリーでしたね。
相手の女性が教師と知らずに叶わない恋を抱いた学校生徒の物語。
詳しくはネタバレになるのでやめておきます。
ただ、相手が自分の学校の教師と知った時の主人公の葛藤は見てて、切なくなったけども、そこがきっかけでいろいろな山と谷がストーリーに生まれ、作品の釘付けになったとだけ言っておきますw

あと、この映画の監督の最新作が、この映画と一緒に併映されてたのですな。
『だれかのまなざし』ってタイトルなのですけども。
これが社会人になりたての女の子のショートストーリーなのですが・・・
この語りがもう凄まじく泣け、社会で苦労をしながら、親への感謝を感じていく。
何気ない日常ストーリーなのですが、本当に切なくなる物語でした。
ほんとショートストーリー、10分もなかったですね。
だけどもたった10分でここまで感動を作れるこの監督のカリスマ性はヤバイと思った。
ちょっとこの監督調べるか。

まぁこういうのも見てみるとすごいのが分かるかも。

『言の葉の庭』公式サイト
http://www.kotonohanoniwa.jp/special/

解説:「言の葉の庭」における雨の表現について
http://shinkaimakoto.jp/archives/580

っとまぁ、ほんと、絶賛しまくることしかできない作品でした。
同じクリエイターをしている電影君も同じような反応で、電影君に関してはBDを映画館で買いだすほどでした。
僕もお金があったら間違いなく買っていた自信がある。
ほんとお金を払って何度も見たい、そう思える映画でした。
・・・BD/DVDには『だれかのまなざし』は入ってるのかな・・・?
入っているとイイナァ、うんw

|・ω・`)ノシ

ましろ、美しかった(*´Д`*)ハァハァ

| ゲーム・アニメ | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kludy.blog28.fc2.com/tb.php/824-fe850bab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT